FRP系防水層

FRP系防水層とは、防水用ポリエステル樹脂でつくられた防水層で、その工法は、ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上から、防水用ポリエステル樹脂を含浸させて硬化させた後、更に所定量のポリエステル樹脂を塗布して防水層をつくる。また、特殊な工法としてウレタンゴム系の塗膜防水層の上にFRP防水層を積層する複合工法という工法がある。

塗布工法

塗布工法には、密着工法と緩衝工法がある。密着工法は、プライマーを塗布したあと、ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上から、防水用ポリエステル樹脂を含浸させて硬化させた後、更に所定量のポリエステル樹脂を塗布して防水層をつくる。緩衝工法は、専用の絶縁シートを張り付けて、そのうえに密着工法と同様のFRP樹脂の防水層を作る。

frp01_2 frp01_1

  • 特徴
    FRP系防水層は、非常に硬い防水層で、露出仕上げで歩行用に供することができるが、下地への接着力が強くて、硬い防水層であるため下地の動きに追従でないという弱点がある。ただし、最近では高弾性のFRP系防水材もある。また、施工時には、特殊なガスや臭気が発生するため換気などその他の安全対策が必要である。

主なFRP防水メーカー

大泰化工 コンパック工法

三井化学産資 リマスター

Scroll Up