塩化ビニル樹脂系防水層

塩化ビニル樹脂系防水層とは、塩化ビニル樹脂系のシート(以下シートという)状の材料1枚で構成された防水層で、その工法には接着工法と機械的固定工法がある。

接着工法

接着工法は、下地およびシートの裏面に接着剤を塗布する。次に塗布した接着剤のオープンタイムを確認して、下地に張り付け、ローラー転圧をして接着させる工法である。接着工法には、断熱工法と非断熱工法があり、一般に防水層の仕上げは、露出仕上げである。

  • 特徴
    塩化ビニル樹脂系防水層は、ある程度の強度を有することから軽歩行程度の用途に適応できる。また、塩化ビニル樹脂系シート相互は、融着または溶着によって施工されるため接合強度が強い。特殊な仕上げ方法としては、砂利敷きや平板ブロック仕上げも可能である。

機械的固定工法

機械的固定工法は、専用の固定金具を用いてシートを下地に固定する工法で、その適用法には、平場を機械的固定工法とし、立上りを接着工法とする場合と、平場と立上りの両方を機械的固定工法とする場合がある。一般的に、立上りが水切りあごタイプの場合は前者を、笠木タイプの場合は後者を適用している。機械的固定工法には、断熱工法と非断熱工法があり、それぞれに固定金具の後付けと先付けの方法がある。なお、防水層の仕上げ方法は、露出仕上げである。

  • 特徴下地の乾燥不良や下地の動きなどに対しての適応性に優れた工法であり、機械的固定工法では、防水層の上に水たまりが生じやすいが、塩化ビニル樹脂系シートを使用していることから、防水層の耐久性においての問題はないが、下地の種別は、コンクリートあるいはPCa部材に限定される。なお、防水層は、非歩行用以外には適用できない。

pvc02_1 pvc01_1

<主な塩ビシート防水のメーカー>

早川ゴム サンタック防水システム

アーキヤマデ リベットルーフ

田島ルーフィング ビュートップ防水

ロンシール工業 ロンシール

早川ゴム サンタック防水システム

Scroll Up