合成ゴム系防水層

合成ゴム系防水層とは、合成ゴム系のシート(以下シートという)状の材料1枚で構成された防水層で、その工法には接着工法と機械的固定工法がある。

接着工法

接着工法は、塗布したプライマーの乾燥を確認し、下地およびシートの裏面に接着剤を塗布する。次に、塗布した接着剤のオープンタイムを確認して、下地に張り付け、ローラー転圧をして接着させる工法である。接着工法には、断熱工法と非断熱工法があり、一般に防水層の仕上げ方法は、露出仕上げである。

  • 特徴
    合成ゴム系防水層は、下地の動きに対する追従性がよいという特徴があり、ALCパネル下地に対しては、その特徴を十分に生かすことができるが、防水層としての厚さが薄いため、損傷を受けやすい、烏の啄ばみによる損傷を受けやすいなどの問題がある。また、断熱工法では、前記の問題が顕著であるため注意する必要がある。なお、防水層は非歩行用以外には適用できない。

rubber01_1 rubber02_1

機械的固定工法

機械的固定方法は、専用の固定金具を用いてシートを下地に固定する工法で、その適用方法には、平場を機械的固定工法とし、立上りを接着工法とする場合と平場および立上りの両方を機械的固定工法とする方法がある。一般的に立上りが水切りアゴタイプの場合は前者を、笠木タイプの場合は後者を適用している。機械的固定工法には、断熱工法と非断熱工法があり、それぞれに固定金具の後付けと先付けの方法がある。なお、防水層の仕上げ方法は、露出仕上げである。

  • 特徴
    下地の乾燥不良や下地の動きなどに対しての適応性に優れた工法であるが防水層としての厚さが薄いため、損傷を受けやすい、烏の啄ばみによる損傷を受けやすいなどの問題がある。また、断熱工法では、前記の問題が顕著であるため注意する必要がある。下地の種別もコンクリートあるいはPCa部材に限定される。なお、防水層は、非歩行用以外には適用できない。
Scroll Up